飯島建設株式会社

BLOG 社長ブログ

社長ブログ > 獣の世界も

獣の世界も 2020.9.4

 台風10号の様子がとても気になります。上陸の恐れや大きな影響が予想される地域の方は、今日が備えの最終日とニュースで言っていました。まずは、出来る範囲での備えをして下さい。

 何事も無く過ぎてくれることを祈るばかりです。

 いきなりですが、以前当社のM君が、道路に飛び出て来た野生の鹿と衝突してしまったことをお話しました。その際、保険申請のために取った事故証明を見せて貰うと、相手先氏名の欄には「鹿」と記載されていて、尚且つ相手先住所は「不明」と記載されていてるのを見て、事故に遭ってしまったM君には悪いですが、思わず笑ってしまったことを覚えています。

 さて、昨日は松本で所用があったので、本当に久しぶり振り「しなの号」に乗車して来ました。車内アナウンスではコロナ対策としてJRが行っていることを事細かに説明していました。聞いてはいましたが、電車内は、3分に一度空気が入れ替わることも強調してアナウンスしていました。因みに、私の乗った車両には、私を含め往路では3名、復路では4名のお客さんが乗っているだけでした。

 松本での所用も終わり、帰りの「しなの号」に乗り、終点長野駅の一つ前の篠ノ井駅を出発して直ぐにことは起こりました。

 と言うのも、『なんだか不自然な停車の仕方をするなー。』と思いきや、暫くして車内アナウンスが流れだしました。

 「只今この電車は鹿と衝突致しました。」「現在、安全の確認を行っていますので、お急ぎのところご迷惑をお掛けしますが暫くお待ちください。」

 『えっー!』『鹿!!』

 例えば、聖高原駅だとか姨捨駅であるならば、山間にある駅なので鹿との衝突も理解は出来るのですが、篠ノ井駅と言えばすでに立派な市街地です。そこで「鹿」と衝突となるとこれは驚きです。「しなの号」は20分以上停車しようやく出発しました。

 熊に猪に鹿。

 人間が住むところまで下りて来て、発見されるニュースは毎日のように耳にするようになりました。

 餌が足りないのか?暑さのせいなのか?それとも、獣たちの世界でも「新しい生活様式」と言うことなのか?

 異常です。

 以上です。

飯島建設株式会社