飯島建設株式会社

BLOG 社長ブログ

社長ブログ > 中立な「AI」の役割

中立な「AI」の役割 2021.4.28

 4月25日の日曜日は、注目の国政選挙投票日でしたね。

 既報の通り、与党系の候補は全敗すると言う、今の流れでは覚悟はしていたとは言え、与党に取っては大変厳しい結果となりました。私の住む長野県でも、前参議院議員の羽田雄一郎さん急逝に伴う補欠選挙が行われましたが、結果はご存知の通りです。

 さて、今回の選挙でも改めて思ったのですが、候補者の人となりって中々正確には伝わらないものですね。例えば、今回の長野県区の補選に出馬していた与党系の候補者は、私もよく知っている方なのですが、今の与党の逆風にのまれてしまって、候補者自体の人となりなんてどこかに吹っ飛んでしまっていました。まあ、これは今に始まったことでは無いのですが、選挙期間中の雑談の中で、選挙の話題となり、件の候補者の話になることがあったのですが、その候補者の人となりがかなり歪曲して伝わってしまっていたのです。

 もちろん、どの選挙でもどの候補者にも同じことが言えるのですが、重たい決断をして立候補する人の身になってみると、自分のことが歪曲して世間に伝わっているなんて、とてももどかしくてとても悔しいはずです。

 そんな気持ちを慮ると、この世の中に突然完全中立な神様みたいな人が現れて、その神様が「〇〇候補は、こういう人だ。」そして、「こちらの〇〇候補は、こんな人だ。」等、正確に候補者の人となりを有権者に伝えることが出来たら、どんなにか国の為になるだろうと思うのです。

 まあ、神様ではあまりにも幼稚なので、どうでしょう?今の世の中なら「完全中立AI」がその役割を果たすと言うのは?

 「はっ?」と言わないで下さい。

 真面目に考えているので。

 以上です。

飯島建設株式会社