飯島建設株式会社

BLOG 社長ブログ

社長ブログ > ゾロ目総理大臣について

ゾロ目総理大臣について 2020.9.15

 既報の通り、昨日の自由民主党総裁選の結果により、菅義偉さんが第26代の総裁に選出されました。この就任により、先ずは「義偉」を「ヨシヒデ」と読めるようになる国民が劇的に増えるこを確信しています!!(笑)

 まあ、今回の総裁選については、私も思うところはありましたが、決まったからにはつベこべ言わずに、国民の一人として「自助、共助、公助、絆」の責任を果たして行きたいと思います。⦅←ちょっと格好よくないですか?(笑)⦆

 さて、菅新総裁は、よほどのことが無い限り9月16日には第99代の内閣総理大臣に就任します。第99代と言えばゾロ目ですよね。実は私も過去に「首相」では無く「主将」を務めた経験があります。遥か昔のことですが、実は明治大学野球部第77代主将を務めさせて頂きました。更に、私の甥は同じく明治大学野球部第99代主将を務めさせて頂いたのです。そんなこともあり、「首相」と「主将」は全く関係ありませんが、なんだかゾロ目総理には縁と親しみを勝手に感じています。(笑)

 そこで、いつものように少し違った視点で調べて見ました。

第11代 桂 太郎  1,681日

第22代 山本権平   549日

第33代 林銑十郎   123日

第44代 幣原喜重郎  226日

第55代 石橋湛山   65日

第66代 三木武夫   747日

第77代 海部俊樹   203日

第88代 小泉純一郎 1,980日

 何の一覧表なのかもちろんお分かりですね。

 そうです。歴代のゾロ目総理大臣一覧表です。ゾロ目の総理大臣はこれまで8名。右の数字はその通算の在任日数となっています。

 残念ながら、ゾロ目の総理大臣に何らかの共通点は見つかっていないのですが、これから時間を見つけて当時の政策や起こったことなどを深堀して見たいと思っています。

 先ずは、菅新総裁の誕生、おめでとうございます。

 以上です。

飯島建設株式会社