飯島建設株式会社

about土木部門

自然環境との調和を考え、
地域に暮らす人々が快適に生活できるような社会資本を築きます

土木工事はどのような事業でしょうか?日常生活に必要な水道や、地域の生活に必要な道路など、生活を快適にするために大切な事業です。また、自然の災害を未然に防ぐための砂防工事や河川の汚染を防ぐための下水工事など、自然環境を維持していくために必要な工事も土木事業の一つです。飯島建設が手がける土木工事は多岐にわたります。どんな工事を手がけているか紹介致します。

 

土木部門事業内容

除草作業

千曲川河川の堤防の維持を主とし良好な景観を維持するために作業しています。私たちは草を刈るだけに止まらず地域で生活する方々のお役に立てないかといろいろ考えております。
過去には、刈った草を学校で飼育している動物に餌として提供したり、牧場の牛・馬の餌として提供致しました。学校の児童や牧場の方々から感謝状も頂きました。
仕事を通して地域の皆様のお役に立てる企業でありたいと考えております。

▲平成19年の堤防除草ででた刈草を坂城小学校で飼っている羊の餌として提供したところ、3年1組の児童さんから感謝のお手紙が届きました。

 
 

護岸工事

河川における自然災害から堤防の復旧する工事です。突然の自然災害に対し近隣に生活する住民を守る仕事です。近年は環境を考えて自然と調和した構造物が考えられています。

 
 

砂防工事

山間部で発生する土砂災害等を防止する為にコンクリートなどで構造物を造りあげます。 工事場所が非常に危険な場所が多く一歩間違えると大事故につながる恐れがあるため、常に安全管理には気を遣って作業しています。

下水道工事

地域にとってはなくてはならないインフラの整備です。川の汚染を防ぎ生態系の復旧も考えて仕事をします。土壌の汚染は生活雑排水より発生します、これを下水道化することは、地域で暮らす人々にとって重要なことです。

 

舗装工事

老朽化した舗装面を修復し安全に通行できる道路にします。工事の性格上夜間の工事もあります。特に騒音などで、近隣の住民の方々には、ご迷惑掛けない用配慮しながら工事をしています。

造成工事

都市計画のなかで計画された団地や分譲地について区画を決め売却できるよう土地を整備します。この工事のなかには水道・下水・舗装工事など様々な工事が含まれます。

飯島建設株式会社