飯島建設株式会社

BLOG 社長ブログ

M1 2019.8.30

 「M1」と言っても、漫才の「M1グランプリ」の事ではありません。

 そうです。 「プロ野球独立リーグルートインBCリーグ」に加盟する我らが信濃グランセローズは、昨日、しんきん諏訪湖スタジアムにて開催された福井ミラクルエレファンツとの試合に勝利したことによって、後期地区優勝まで、残りマジックが1となったのです。ですから「M1」とは漫才では無く、優勝マジックのことなのです。

 信濃グランセローズがこのまま首尾よく後期優勝を果たすことが出来たら、創設以来初の前後期優勝を果たすことになります。

 しかしです。ルートインBCリーグのルールでは、前後期優勝を果たしても、リーグチャンピオンシップに進むことは出来ません。その後、通期2位球団と前後期優勝チームが2勝のアドバンテージを持ちながら地区チャンピオンを掛けたプレーオフを行います。

 「なんで、前後期の完全優勝なのにプレーオフをしなきゃならないの!!」と、ファンの方からは疑問を投げかけられたり、お叱りを受けるのですが、実は、これには理由があります。

 と言うのも、ついこの間まで弱小球団の呼び声が高かった信濃グランセローズ。

 いくら頑張っても優勝することが出来ない時代が長く続きました。そこで、苦肉の策として「優勝の可能性が無くなったとしても、なんとか消化試合を少なくし、最終試合近くまでファンの方に期待を持って観戦して欲しい。」「だから、そんなルールを作るべき!!」と、まあ、言えば我田引水で、しかも節の無いところに節を付けるような理由をかざし、ルートインBCリーグ加盟球団代表者の方々の納得を取り付けることになりました。このルールを強力に提案したのが、何を隠そう、この私と言うか信濃グランセローズだったのです。

 ですから、いくら前後期優勝とはいえ、このルールはすんなりと受け入れます。(笑)

 まあ、まだ優勝したわけではありません。過去にもM2から逆転優勝を許したシーズもありました。ですから、プレーオフの事など考えていると碌なことがありません。

 目先の一戦一戦をしっかりと戦い勝利して行って欲しいです。

 以上です。

飯島建設株式会社