飯島建設株式会社

BLOG 社長ブログ

社長ブログ > 私の平成 その1

私の平成 その1 2019.4.26

 当社も、明日より会社始まって以来、初の10連休となります。お客様の都合や現場の納期と段取りで出勤する社員もいますが、原則は10連休と言うことになります。

 従いまして、このブログも本日で平成最後のブログとなります。

 さて、表題の「私の平成」。日経新聞の「私の履歴書」見たいになんだか大そうな表題になってしまいましたが、何回かに分けて「私の平成」を少し振り返りたいと思います。お願いですから「お構いなく。」とは言わないで下さい。(笑)

 私は、平成元年4月、社会人としてのスタート切りました。準大手ゼネコンの戸田建設さんにお世話になり、「東京医科歯科大学医科新棟新営工事」の現場に赴任し、初めて建設現場と言うものを知ることになりました。最初の仕事は、鉄骨建て方に際し、お盆に、お清めの塩とお酒を乗せて、こぼさないように細くて怖い足場を6階まで登り、塩とお酒を運ぶと言うミッションでした。

 平成2年には東京支店の営業3部に配属されました。来る日も来る日も、新宿通りと靖国通りを往復し、飛び込み営業をしながら、街中に掲げられている「建築計画のお知らせ看板」で、「施工者未定」と書いてある看板を見漁る。仮に「施工者未定」とあれば、直ぐに記載されている設計事務所を訪問し、「既に建設会社は決まっていますか?」と質問する毎日でした。そんなある日、歌舞伎町のど真ん中に「施工者未定」のお知らせ看板を発見。それをきっかけに65千万円の工事を初受注。忘れもしません。「インパックスビル」と言うペンシルビル。しかし、なにしろ歌舞伎町のど真ん中ですから、施工には困難を極める場所です。担当の現場所長に「やっかいな工事持って来たな!!」と嫌味を言われ、理不尽を感じたことを思い出します。因みにこのお客様は凄かった。何しろ手付金として、請負代金の45%の3億円を現金で持参されたのです。今では有り得ませんが、平成の最初にはまだそのような豪快な方がいました。3億円を数えるのに午後まで掛ったことを懐かしく思い出します。

 平成3年6月には、父親が急逝。後ろ髪を引かれる思いでしたが、戸田建設さんを退職し、長野に戻ることになりました。

 戸田建設さんも無事円満に退職させて頂き、いよいよ東京を離れる日が近づいたある日のことです。直属の上司だった主任から電話がありました。「明日、上野駅から一度帰れ。」と言うのです。「いや、私が帰るのは○○日ですよ。」それでも、上司は「いいから明日上野駅からあさま号に乗れ!」と、頑として聞きません。

 「えっ?えっ?えっ?」

 私の平成その2 に続く。

 以上です。

 

飯島建設株式会社