飯島建設株式会社

BLOG 社長ブログ

2020.6.25

 いきなりですが、一言で癖と言っても、この癖にはやはり定義があります。例えば朝起きてから「おはよう。」と毎日繰り返し言いますが、これは癖ではありませんね。癖とは、起きてから直ぐに「おはよう。」と言わずに、必ずご飯を食べてから「おはよう。」と言うとか・・・。まあ、そんな人はいませんが、要するに、一般的では無く、偏った傾向・しぐさ等を癖と呼びます。

 さて、そこで自分の癖について考えて見ました。以前、ジンクスのお話をしましたが、試合前のスパイクを左足から履くとか、上着は左腕から袖を通すとか、これらは癖と言うのか?「これは癖とは言わないよなー。」と自己判断。
 「じゃあ、俺の癖は?」と考えれば考えるほど自分の癖が分からなくなって来ました。
 では、自己認識している弱点は?私は、人の話を聞くより、ついつい自分の話が多くなってしまうという弱みがあります。この弱みは癖と言うのか?「これは、偏っているので癖かな。」と自己判断。

 とは言え、癖判断についてはなんとなく釈然としていませんでした。
 そこで、昨日です。昨日は、いつも側面から当社を支えてくれているYさんが久しぶりに来社して、今後の方向性等の話をしました。
 このYさんは、私と違って聞き上手です。まず、人の話しを絶対に否定しません。だから、とても話しやすい相手なのです。

 しかしです。このYさん、言った通り私の話を肯定的に頷きながら聞いてくれはするのですが、「少し違うよな?」とか「それは間違っているんじゃないかな?」とか、「それには興味が無い。」とか、はたまた自分に都合の悪い話になる時などは、決まって鼻がモゴモゴと動くのです。お付き合いして1年経過したくらいに、Yさんのこの傾向に気がつきました。以来、検証を重ねるうちに確信に変わっていきました。
 で、昨日、久しぶりに会ったので、コロナ禍の中で考えていた、当社の近い将来の夢をしつこく語っていたのですが、見るとそのあいだ中、Yさんの鼻は動きを止めることはありませんでした。

 これぞ癖!!

 以上です。

飯島建設株式会社