飯島建設株式会社

BLOG 社長ブログ

社長ブログ > 号外と1面と観客数

号外と1面と観客数 2019.9.2

  お陰様で、優勝マジック1が点灯していたプロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグに所属する我らが信濃グランセローズは、8月31日に伊那スタジアムで開催された石川ミリオンスターズとの直接対決に見事勝利し、前後期の完全優勝を果たすことが出来ました。

 前後期の完全優勝は、信濃グランセローズ発足以来、初の快挙となります。

 まあ、日ごろは毒舌ばかり吐いていますが、監督・コーチ、そして選手を心から労いたいと思います。

 また、応援して下さった皆さん、本当にありがとうございました。

 さて、この優勝で驚いたのは新聞社の扱いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんと優勝を決めたその日に号外が発行され、球場のファンに配布されていました。また、翌日の信濃毎日新聞では、なんと信濃グランセローズの優勝が1面を飾りました。ここのところ10数年に渡り新聞社さんといい意味で濃い関係を続けて来ましたが、号外が発行されるのと1面を飾ることの意味と意義は、とても深いものがあります。例えば私の知る限り、スポーツで言えば、地元選手がオリンピックでメダルを獲得した時でしょうか。そういう意味では、それと同じ価値の意味と意義があると言ってもいいと解釈できるのです。

 ただ、寂しいのは観客の数です。

 号外と1面にふさわしい観客動員が出来るよう、野球界全体で取り組んで行く必要性を改めて感じました。ひいてはそれが野球人口の減少に歯止めを掛けることに繋がると信じています。

 そんな複雑な思いはありますが、まずは、優勝のご報告とさせて頂きます。

 以上です。

飯島建設株式会社