BLOG スタッフブログ

スタッフブログ > おススメ漫画インフォメーション⑤
丸田 元
丸田 元

おススメ漫画インフォメーション⑤2020.7.13

みなさんこんにちは(^O^)IIKEN HOUSE丸田です☆

丸田のおすすめ漫画も早や第5弾ということで、今回ご紹介するのはこちら

『BLUE GIANT』(ブルージャイアント)です

ブルージャイアントは、石塚真一先生作の激アツ漫画で、現在もビッグコミックにて連載中です。

石塚先生の代表作には山を舞台にした人気漫画『岳』などがあり、小栗旬さん主演で実写映画化もされたのでかなり有名ですね。

そんな石塚先生が描く今作品は、日本ではあまり馴染みのないジャズを題材として取り扱っています。

第1部は高校時代から始まり主に日本国内での活動を描いており、続いてヨーロッパ編の第2部『BLUE GIANT SUPREME』(ブルージャイアント シュプリーム)、最新はアメリカ編の第3部『BLUE GIANT EXPLORER』(ブルージャイアント エクスプローラー)が今もなお連載中です。

この作品はもうただただ激アツとしか言いようがありません。たくさん説明もしたいのですが、言葉では言い表せない程の素晴らしい世界観なので、とにかくまず読んでいただきたい。

なんせ本当に漫画から音が聞こえてくるような描写の連続なんです。私なんて読みながら気づいたら足でリズムとってましたからね!マジです、ネタじゃないです。笑

タイトルの「ブルージャイアント」とは青色巨星のことで、あまりに高温のため赤を通りこし青く光る巨星のことです。それになぞらえて作品中では世界一輝くジャズプレーヤーを「ブルージャイアント」と呼んでいます。

主人公の宮本 大(みやもと だい)が世界一のジャズプレーヤー(ブルージャイアント)を目指し世界を股にかけて奮闘するサクセス物語です。

その要所要所で登場人物の言葉や行動に、読者は完全に心をつきぬかれる感動作品となっています。

特に私は主人公ダイの師匠である由井(ゆい)さん推しです。

由井さん自身もかつては一流のジャズプレーヤーだったのですが、そんな由井さんは自らがなることが出来なかったブルージャイアントにダイがなれると期待をし指導をします。

自らが手本となりサックスを演奏し、ダイに聞かせたシーンでのセリフがこちら

「全然ダメだ。これじゃダメなんだよ。上手いのはゴマンといるんだわ。お前の方が上なんだよ。俺のプレーで人は泣かねぇ。や、泣けねぇ。俺の音は良くても感動、お前はその上…お前の音は人を圧倒できるんだよ。」

かっこいい…

謙遜なしでここまでハッキリ弟子に伝えることのできる師匠って…

素敵すぎる…

他にも震えるぐらい響くシーンが山ほどあるので、読めば必ずハートを揺さぶられることになります。

雑誌連載で読み進めるのも良いのですが、私は是非とも単行本コミックスで読んでいただくことをオススメします。コミックスですと巻末に2、3ページほどボーナストラックとして登場人物のその後が描かれたインタビュー形式の特典ページを見ることができるのです。

これはコミックスでしか見られない特典となっており、絶妙に本編が今後どうなっていくのかの期待を膨らます伏線でより本編を楽しむことができるようになります。

そしてもう一つ特徴としてコミックスの表紙が色とりどりでとてもキレイなんです。

通常漫画の表紙って全巻統一の色柄が一般的じゃないですか。ブルジャイは毎回違うカラーで攻めてくるんで並べるとそれだけで美しく、次の巻以降もどんな表紙で来るのかそれが一つの楽しみになっていくわけです。

ぜひぜひコミックスでの読破をオススメ致します(^O^)/

次回のおススメ漫画インフォメーションもお楽しみに♪

担当者別
  • 宮入 匡寿

    宮入 匡寿

  • 土屋 政志

    土屋 政志

  • 木村 行雄

    木村 行雄

  • 遠山  裕太

    遠山  裕太

  • 丸田 元

    丸田 元

  • 佐藤 拓

    佐藤 拓

  • 堀内 陽洋

    堀内 陽洋

  • 大久保 正幸

    大久保 正幸

  • 永井 秀樹

    永井 秀樹

  • 松坂 善昭

    松坂 善昭

  • 吉村 睦

    吉村 睦

  • 寺島 央紗

    寺島 央紗