飯島建設株式会社

BLOG 社長ブログ

社長ブログ > 智辯と智辯

智辯と智辯 2021.9.1

 いきなりですが、今年の甲子園は、ご存知の通り奈良県代表の智辯学園と和歌山県代表の智辯和歌山の決勝戦となりました。

 結果は皆さんご存知の通りです。

 さて、私は学校法人智辯学園の藤田清司理事長には一度もお会いしたことはありませんが、こんなに嬉しいことは無かったでしょうね。 
 ただ、器の小さい私がとても気になったのは、例えば、差し入れや、激励等は両校に対し公平にすることが出来ますよね。では、理事長はこの決勝戦をどこで観戦されたのか?これ結構興味深くないですか?もし甲子園球場にいたのなら、バックネット裏のちょうど真ん中か辺りか?まあ、これもなんとか公平を保つことができるでしょう。

 あとは、「理事長は、どちらを応援されるのですか?」とそんなつまらない質問をする人はいないでしょうが、もし聞かれたなら、「どちらが優勝しても大変名誉なことです。」とお答えになるでしょうね。でもです、心の中はどうだったのでしょう?

 もし、私が藤田理事長であるならば、春1回、夏3回の優勝経験のある、創立の歴史からすると弟に当たる智辯和歌山より、頑張ってはいるのにまだ甲子園では一度も優勝したことの無いお兄さんに当たる智辯学園を応援しただろうなー。なんてことを幼稚な私は考えてしまいます。

 マジで余計なお世話ですよね。

 失礼しました。

 以上です。

 

飯島建設株式会社