飯島建設株式会社

BLOG 社長ブログ

社長ブログ > 総決起大会

総決起大会 2019.7.4

 まずは、このたびの鹿児島県・宮崎県そして熊本県を中心とした豪雨災害で被災された方々、本当に大変だと思います。心よりお見舞い申し上げます。引き続き、十分注意されて下さい。

 さて、参議院選挙が本日公示となりました。投票は国民の権利と義務です。721日(日)が投票日となりますが、期日前投票も明日5日から出来るようなので、是非投票に行きましょう。

 そんな中一昨日はある候補者の総決起大会に参加し、お話を聞いて来ました。

 現職の閣僚も応援に駆けつけていて、世界の様々な情勢において、G20議長国でもあった日本の立ち位置と役割について興味深い話を聞かせて貰いました。

 この総決起大会では、現役閣僚の他にも首長さんや地方議員さんなどのお話を聞きましたが、そこは政治家だけあってそれぞれ話の仕方や話の構成がとても個性的です。個性があるとは言え、そこは今回の参議院選挙候補者を応援するわけや、応援しなければならない理由を起承転結を以ってしっかりと伝えようと皆さんが工夫をします。内容はもちろんそれぞれに素晴らしい。

 ただ、素晴らしいのですが、中には自分が候補者かのように、候補者の影を薄くしてしまうような話し方をする方がいます。また、更に真剣さをアピールするためか、とても怖い顔でお話をする方も。この表情が怖すぎて、少し引いてしまう聴衆がいました。実は、私もその一人でした。(笑)あとは、聴衆の皆さんからしたら、すでに2時間近く話を聞いている。候補者の話も聴けてかなり盛り上がったので、皆さんこれで帰りたいと思っている。そこを、お話しするご本人も分かっているのに、どうしても自分の話しをしないと気が済まない方もいました。生意気なようですが、「有権者も満18才からと若くなったことだし、これからの政治家のセンスとしたら更にその場に応じたKYを持ち合わせることも大切だよなー。」なんて考えながら話しを聞いていました。

 まあ、どすの利いた話し方や怖い表情、そしてKYの中持論を語ることを受け入れる受け入れないは、聴く方それぞれの捉え方なので一概には言えません。ただ、個性あふれる応援弁士がいる中、この総決起大会の主人公である候補者の話し方や表情が、年上の方なので失礼ですが、これまで話された誰よりも初々しく、そこには誠実さと実直さが伝わり、私は、とても癒されました。まだ、選挙も終わっていないのに、なんだかとても安心したというお話です。

 以上です。

 

飯島建設株式会社