飯島建設株式会社

BLOG 社長ブログ

社長ブログ > 丸坊主禁止に思う

丸坊主禁止に思う 2019.6.13

 先日、地元の新聞に、ある高校野球部が、部員の「丸坊主」を禁止したと言う記事が載っていました。丸坊主を禁止したことによって他県の高校野球部員数が飛躍的に伸びたという結果に倣って今回この野球部監督が「丸坊主禁止」に踏み切ったとの事でした。

 さて、昨今の高校野球は、投手の球数制限が話題になっています。しかし、私の記憶からするとこの話が出始めて既に10年近くは経過していると思います。18歳以下の成長期にある子供に、球数制限を加えるなんて当たり前のことだと思いませんか?無理して投げて肘や肩を壊して、野球の出来ない体になってしまった選手がこの10年近くでいったい何人いるのでしょうか?私は、恐ろしい数字になっていると予測しています。仮にこの結果をAIにコメントさせたら、「コ・レ・ハ・ア・リ・エ・マ・セ・ン」「レ・ベ・ル・ガ・ヒ・ク・ス・ギ・テ・コ・メ・ン・ト・フ・ノ・ウ・デ・ス」と返って来ると思います。

 組織としての動きが鈍いのなら、今回丸坊主を禁止された監督のように、現場の指導者自らが、教え子の将来を思うレベルを上げなくてはなりません。小中高の野球界は、「勝利至上主義から未来至上主義へ」。近い将来、その精神こそが称えられ、仮に甲子園に行けなくとも、そのようなビジョンを持った学校に、そして野球部に多くの子供が集まり、野球を大いに楽しむ。蓋を開けて見たら、例えば、大学野球や社会人野球、私の関連している信濃グランセローズのような独立リーグ、そしてNPBやMLBへの排出選手数が断トツで、しかも大活躍していた。

 そんな野球界になることが私の理想の一つです。

 因みに、丸坊主禁止の件ですが、夏に野球をするには丸坊主の方が楽チンです。しかも最近は「おしゃれ坊主」なんてのもありますから、近いうちに「先生、丸坊主を禁止するのは止めて下さい。」「頭髪は、とりあえず常識的な範囲で自由と言うことでお願いします。」なんて意見が子供達から出てくる気がします。(笑)

 以上です。

 

飯島建設株式会社